内田製パン(うちだせいぱん)
住所:〒901-0402 沖縄県島尻郡八重瀬町富盛337
営業時間:11:00~19:00
定休日:月曜、火曜(臨時休業などのお知らせはFACEBOOKからご確認ください)
電話番号:098-948-2057
ちゅらこ
今日はこだわりの自家製酵母を使ったパンが美味しい”内田製パン”を紹介するにゃ
ベル
本島南部に来たならぜひ立ち寄りたいベーカリーにゃよ

内田製パン外観と内装

撮影/Churako

沖縄県南部の八重瀬町の住宅地にあるパン屋さん”内田製パン”

国道507号線の”冨盛(とみもり)”交差点から西に曲がってすぐのところにあります。

撮影/Churako

こちらの一軒家の一階部分が店舗になっています。

撮影/Churako

温かみのある店内。”可愛いパン屋さん”という形容がぴったりです。

ちゅらこ
中に入ると、焼き立てのパンが良い匂いにゃ~
ベル
お店の奥でパンを焼いているにゃんよ

”内田製パン”での本日のチョイス

 

ショーケースの上も下も、パンで埋め尽くされ、品数の豊富さがわかります。

ちゅらこ
一杯あって迷ってしまうにゃ。どれも美味しそうにゃ~

撮影/Churako

ベル
Churakoのヘビロテは”イベリコ豚とキノコのタルティーヌ”にゃよ~

撮影/Churako

イベリコ豚とキノコのタルティーヌは、チーズとマッシュポテトの上に、厚めにカットされたイベリコ豚としめじが載っているもの。この脂身が甘くておいしいのです。

撮影/Churako

それから、ラム酒で香りづけしたというリヨンパイ。

大人の味わいのある甘さ。

そして、

撮影/Churako

棚に並べられたばかりの、”焼き立てカンパーニュ”をチョイス。

こちらのカンパーニュは、隣の南城市の有名店”胃袋”で食べてからの大ファン。

ちゅらこ
このカンパーニュを少し温めてバターを付けたら最高にゃ~
ベル
もちろんそれだけでも美味しいんにゃ~

撮影/Churako

それから小ぶりサイズの「あんバターフランス」

あんバターサンドって結構大きめのものしかないのでこれは嬉しい。しかし後で食べてみると、一口で食べきれないので、あんとバターがはみ出て来ちゃいました。

食べ方に工夫が必要ですね~

あんバターサンドは、北中城の”石窯パン処 ときはや”のも美味しかったです。

撮影/Churako

店内にはイートインコーナーはないので、持ち帰ります。出来立てが食べられるようになればいいな~

 

撮影/Churako

店内にそっと置かれた小物にはどこかしら懐かしさが漂います。

ちゅらこ
今日も美味しかったにゃ~
ベル
いつも地元の人でにぎわっているパン屋さんだけども、”おきなわワールド””ガンガラーの谷”が最寄りの観光施設なので、ぜひ近くまで来たら足を延ばしてほしいんにゃよ
ちゅらこ
近くには有名な沖縄そばの”屋宜家”もあるね
ベル
それから、”AGURO ROAST COFFEE”のコーヒーも併せてテイクアウトするとパンのお供でドライブも楽しめそうにゃよ

 

”内田製パン”の情報と地図

食べログ

Googleマップ