Trattoria SOMEYA(トラットリア ソメヤ)
住所:〒900-0014 沖縄県那覇市松尾2丁目6−18
営業時間:12:00~18:00 (ディナーは予約制 18:00~)
定休日:火曜日(臨時休業や営業時間のお知らせはFACEBOOKから確認できます)
電話番号098-894-8787
ちゅらこ
今回は、那覇市の国際通りからちょっと入ったところにあるTrattoria SOMEYA(トラットリア ソメヤ)を紹介するにゃ
ベル
個性的なお店がならぶ”浮島通り”からすぐの立地で、国際通り近くでも静かな環境。お店には地元の常連さんが多く、愛されている良店にゃ!となりには可愛いパン屋さんの”しぶパン”もあるんだにゃ~

【那覇・国際通り】毎日でも通いたい!路地裏の可愛いパン屋さんにめろめろ―”しぶパン”

Trattoria SOMEYA(トラットリア ソメヤ)外観と内装

撮影/Churako

ほんとにローマの街角にありそうな雰囲気のTrattoria SOMEYA(トラットリア ソメヤ)

 

撮影/Churako

レンガっぽい石造り風の建物の中に、ウッディなテーブルを配置

テーマカラーの深みのあるブルーのベロアで統一された椅子のデザインも素敵。

シャンデリアやランプ風の間接照明が、夜にはとても良い雰囲気を醸し出しそうですね。

撮影/Churako

お一人様でも気軽に楽しめるカウンター席も充実。

実際私が食べている間も、お一人で訪れる方たちが何名も。

撮影/Churako

”VIETATO FUMARE”=NO SMOKING  禁煙表記もイタリア語のプレートだとお洒落に感じる不思議。

絵があれば何を差しているかわかりやすいし、いいですね~!

Trattoria SOMEYA(トラットリア ソメヤ)メニュー

撮影/Churako

トラットリアソメヤには、メニューがたくさんあるんですよ~

どれにしようか迷っちゃいます。

まずは生パスタ。

Pasta Fresca(生パスタ)

・ナポリ風プチトマト 生スパゲッティ

・ペペロンチーノ

・アラビアータ

・カルボナーラ

 

の4種類。大盛りは+300円で対応できます。スパゲッティはリガトーニへの変更可能。

リガトーニはマカロニに似た形状で、ペンネよりも太く、かなり大きめのショートパスタのこと。太くて弾力のある食べ応えが魅力です。

撮影/Churako

次に手打ちのロングパスタ(左ページ)。

Pasta Fresca(手打ちロングパスタ)

・からすみとあさりのタリオリーニ

・イカスミを練り込んだタリオリーニ

・ポルチーニ茸 フェットチーネ

・紅ずわいがにのトマトクリーム フェットチーネ

・子羊の白ワイン煮込み キタッラ

・石垣牛ボロネーゼ パッパルデッレ

パスタの種類も味もどれも美味しそうで悩ましすぎる……

・タリオリーニ:幅約3mmの平打ちパスタ

・フェットチーネ:幅約5mmの平打ちパスタ

・キタッラ:イタリア語で「ギター」の意味。ギターの弦を張ったような道具でカットするので、断面が四角くなる。子羊の煮込みソースで食べるのが伝統的な食べ方

・パッパルデッレ:幅約25mmの平打ちパスタ

平打ちパスタの幅も3種類。

イメージ的には、

タリオリーニ:細いきしめん

フェットチーネ:太いきしめん

パッパルデッレ:細めのひもかわうどん

って感じ?

さらに右ページはショートパスタ

Pasta Fresca(手打ちロングパスタ)

・ポルチーニ茸とキノコを詰めたラビオリ クリームソース

・リコッタチーズとほうれん草を詰めた メッツァルーナ

・海老の煮込みを詰めた小さなラビオリ

・3種のチーズ(リコッタ・パルミジャーノ・ゴルゴンゾーラ)を詰めた小さなラビオリ

 

ちなみに、メッツァルーナもラビオリの一種です。

包んだ時の形が半月のようなのでそう呼ばれるとか。

あ~選べない!




撮影/Churako

悩んでいるのに、さらに季節のパスタが6種類もあった!(写真右)

ウニ、宜野座(ぎのざ)産 車海老、アンコウとカラスミ、県産春菊、ゴルゴンゾーラのニョッキ、トリッパと白インゲン豆 トマト煮込みソース……

「端から持ってきて」と言いたいところですが、自腹ブログなのでそのような余裕はない。

そしてメインの肉料理は

・子羊タンの赤ワイン煮込み~季節野菜とミニフォカッチャを添えて~

・県産A4 黒毛和牛種のタリアータ イタリア版カットステーキ

の2種類(2018年2月の情報です)

そして写真左。トラットリアソメヤのメニューは基本的にアラカルトなのですが、

・前菜・ドリンク

・ドルチェ・ドリンク

・前菜・ドリンク・ドルチェ

をセットしてコース仕立てにすることもできるほか

撮影/Churako

超お得な選べるパスタコースも!(写真右)

前菜・パスタ1・パスタ2・おまかせお肉料理・おまかせドルチェ・ドリンクという内容なのでほぼフルコース。

パスタもお肉もたくさん食べたい方におすすめ。

ドリンクセットはワインも選べる(写真左)し、追加料金でビールやトロピカルジュースも。

正直、相当悩みました……パスタが絞れない……前菜も食べたい……

すると親切な店主さんが、パスタコースのようにパスタを2種類にして、量を半分(価格は6~7割くらい)のハーフ&ハーフにしてはどうかとご提案いただき、それに便乗することにしました。

撮影/Churako

ローマ地図をランチョンマットにしたセットも可愛いです。




Trattoria SOMEYA(トラットリア ソメヤ) でコース仕立てのランチ

それでは、結果的に

パスタ2種類・ドリンク・前菜・ドルチェとコース仕立てのボリュームランチになりましたので、解説していきますね~

前菜盛り合わせ

撮影/Churako

前菜は上から、

・カリフラワーのスープ

・わかさぎのフライ(エスカベッシュかな?)

 ・もずくのペペロンチーノ

 ・島らっきょの生ハム巻き

 ・沖縄産プチトマトとモッツァレラ

・春菊のジェノベーゼ

・やんばる地鶏の胸肉

・県産豚肉のハムとクレソン

・広島産牡蠣のペースト

 

本気のオードブルプレートが来ました……!もずく、島らっきょ、やんばる地鶏などをはじめとした沖縄県産の素材を活かした盛り合わせ。
もちろんどれも美味しいです。

 
特にカリフラワーのポタージュともずくのペペロンチーノは、自分でも作ってみたいと思いましたよ!
 

撮影/Churako





これは昼からワインと行きたいところですが、車なので断念。
そのかわりウィルキンソンのジンジャーエールでシュワシュワ感だけ味わうことに。

パスタ1~ポルチーニ茸とキノコを詰めたラビオリ クリームソース

撮影/Churako

 
パスタは相当悩みましたが、ここは人気のワンツーにしようと
 
パスタ1はポルチーニ茸とキノコを詰めたラビオリ クリームソースを選択。
 

撮影/Churako

クリームソース+チーズでとろける味わい。
コクのあるソースとポルチーニ茸の絡みがたまりません~

パスタ2~石垣牛ボロネーゼ パッパルデッレ

撮影/Churako

そして2皿目は、一番人気という石垣牛ボロネーゼ。
やはり”石垣牛”というブランドは強いそうです。

撮影/Churako

これだけ太いと意外にフォークに巻き付けやすい!
ナイフで半分くらいの長さに切ってからだともっと食べやすいです。
パスタのモチモチ感と、ボロネーゼのラグーの質感がちょうど良く絡み、なぜスパゲッティでもフェットチーネでもなくパッパルデッレなのかが良くわかりました。
このサイズなら何種類でも食べられそうです!

ドルチェ~クリームブリュレ 金柑とカシスジェラート添え

撮影/Churako

このままだとパスタ3・4~と頼み続けそうだったのでひとまず締めることに。
この日のドルチェは3種類で
・クリームブリュレ
・フォンダンショコラ
・パンナコッタ
のいずれかだったのですが、クリームブリュレをセレクトすると、まるでケーキのような形状で登場!

撮影/Churako

この凍らせたブリュレはイタリアではメジャーな食べ方なのだとか。
セットものとは思えぬボリュームで、さすがにこれだけ食べたらお腹いっぱいに。
表面のカラメルと中の半生なクリーム部分の食感が口の中で溶けていくのもまた楽しい。
思いがけず豪勢なランチになったのでした。

 

ちゅらこ
今回も美味しかったにゃ~
ベル
人数多めで行くとパスタがシェア出来ていいかも! 次回はもう少しお腹を減らしていって、メイン付きのコース料理にチャレンジ!いずれはパスタも全種類制覇したいんだにゃ~

 

Trattoria SOMEYA(トラットリア ソメヤ)
住所:〒900-0014 沖縄県那覇市松尾2丁目6−18
営業時間:12:00~18:00 (ディナーは予約制 18:00~)
定休日:火曜日(臨時休業や営業時間のお知らせはFACEBOOKから確認できます)
電話番号098-894-8787