隠れ家レストランPetit Etoile(プティエトワール)
住所:〒901-2226 沖縄県宜野湾市嘉数1丁目16−11
Mapcode: 33 313 791*77
営業時間:(ランチ)11:30〜15:00(L.O.13:30) (ディナー)18:00〜22:00(L.O.21:00)
定休日:日曜日・月曜日・その他不定休(臨時休業のお知らせはFacebookから確認できます)
電話番号098-914-3030
ちゅらこ
今回は宜野湾市(ぎのわんし)の高台にある隠れ家レストラン”プティエトワール”を紹介するよ
ベル
隠れ家と銘打っているけど、隠すところなく紹介するにゃ

「隠れ家レストラン プティエトワール」アクセス・外観・内装

「隠れ家レストラン Petit Etoile」(プティエトワール)は、宜野湾(ぎのわん)市、嘉数(かかず)高台近くの小さなフレンチレストラン。

有名ベーカリー”宗像堂”(むなかたどう)の近くにあります。

ちょっと道がわかりづらいのでGoogleマップなどで確認してくださいね。

撮影/Churako

窓の木枠や壁の石積みなども、まさに「隠れ家」テイスト満載。

でもよく見ると赤瓦だったり、沖縄風の仕様も。駐車場はお店の前にあります。

撮影/Churako

入口は左奥。

撮影/Churako

 

席数は多くありません。
ランチは5組、1組最大10名まで、ディナーは3組、1組最大6名までとなっています。

ちゅらこ
まるでスイスの山荘のような感じにゃ~
ベル
照明のモチーフには店名の”エトワール(フランス語で星の意味)”もさりげなく使われているにゃ。

 

「隠れ家レストラン プティエトワール」メニュー

写真はランチメニューです。

=ランチメニュー=
ショートコース ¥2,200
ショートコース(メイン牛肉) ¥3,300
ランチコース ¥2,750
ランチコース(メイン牛肉) ¥3,850
スペシャルコース ¥5,500※要予約
お子様コース¥1,650※要予約
(3歳〜小学校低学年までのお子様を目安に作っています。量は少なめです。)
=ディナーメニュー=
おまかせコース¥4,400
おまかせコース¥6,600※要予約
おまかせコース¥8,800※要予約
お子様コース¥1,650※要予約
(3歳〜小学校低学年までのお子様を目安に作っています。量は少なめです。)

 

 

 

撮影/Churako

シンプルモダンなテーブルセッティング。

カトラリーはノリタケでした。

車なので、ノンアルのスパークリングで乾杯。

「隠れ家レストラン プティエトワール」ある月のランチコース①

ランチもディナーも基本的にはおまかせで、月や季節によって素材が変わります。こちらは参考までにご覧くださいね。

オードブル

 

撮影/Churako

この日の前菜は県産枝豆のムース。

個人的にムースやテリーヌ、ジュレなど、自分では作れないタイプの前菜に惹かれてしまう。

枝豆がクリーミーでなめらか。上にはそっと白身魚が添えられていて、お魚のソースみたいな感じでいただけます。

パンケーキの上にカルパッチョ。

最初はクリーミー。次は酸味。味を変化させてきます。

マスタードとバルサミコ酢、そしてサワークリームが、マグロの脂の味わいを深めてくれる感じ。

スープ

 

スープ。この紫色は……

そう、紅芋の冷製ポタージュです。

これは沖縄ならではの一品。実は紅芋ってタルトのイメージがあるのですが、サツマイモと比べて甘くないんですよね……

ジャガイモとサツマイモの間のような甘みがあるので、それがポタージュにするといい感じに出るという新発見。色も美しい。

メイン・お魚

 

メイン料理のお魚が登場。

この日は「マーマチ」というお魚です。それは沖縄の呼び方で、ヒメダイのこと。高級魚ですね。

お皿の真ん中のくぼみにソースをあしらい、トッピングを変えて二きれのマーマチを配置。

カリっとフワっの間で焼き上げた絶妙な焼き加減にトマトソース

きぬさやトッピングも美しい。

そのまま食べるのと、ソースをディップするのと、両方の食べ方で楽しめます。

パン

自家製のパンはもちろんホカホカで出てきます。この日はゴマと黒糖。

思わずおかわりしてお腹いっぱいになってしまう……

メイン・お肉

県産豚肉のグリル。マッシュポテトやカボチャ、エリンギなどを添えて。

厚切りにした豚肉なのですが、しっかり外側を焼いてカリカリの食感なのに、中はしっとり。

どうやって焼いているんだろ~外食はこういうプロの技を味わえるのが醍醐味ですよね。もちろん、全く臭みはありません。

細切れにしたネギなどが入っているので、ちょっと和風な感じで、まろやか→酸味→スパイシーと味の緩急で飽きさせません。

デザート

デザートまでうならせてくれるのが良いお店と信じています。

この日のデザートは「ココナッツのムース 宮古島産のメロンとチアシードのジュレを添えて」です。

アイスではなくムースってところがポイント。宮古島はマンゴーだけじゃなく、メロンの産地として最近知られてきているのですよね~

ここにチアシードを添えることで、最後に満腹感もプレゼント。

バタフライピーのハーブティー

 

最近、美容関連で知られてきている「バタフライピー」。

マメ科の植物で、抗酸化作用が高いという特徴があります。

実は沖縄ではバタフライピーを生産しているので、フレッシュが手に入るのですね~

そのままだと豆の味しかしないので、レモングラスなどのハーブも合わせてブレンドしていますよ。

小菓子(プティフール)

フレンチでは、デザートの後にお茶やコーヒー&小菓子が出ます。

この日の小菓子はチョコレートとブラウニーなんですが、なんとヴィーガンスイーツ。ということは、牛乳を使っていない。

しっかり食べて、チアシードでお腹が膨れても、ぺろっと食べられてしまいましたよ~

「隠れ家レストラン プティエトワール」ある月のランチコース②

ランチもディナーも基本的にはおまかせで、月や季節によって素材が変わります。こちらは参考までにご覧くださいね。

最初の一皿

 

撮影/Churako

ちゅらこ
てっきりオードブルが最初の一皿かと思ったら、こちらが出てきて嬉しい誤算にゃ!
ベル
カンパチと水ナスのカルパッチョにゃ~

撮影/Churako

お箸が備えられているのも嬉しい。

クリーミーな酸味のあるソースがたまりません。

オードブル

撮影/Churako

ちゅらこ
オードブルは人参のムースとサフラン風味のコンソメジュレだったにゃ!

撮影/Churako

ベル
添えられたホタテのマリネと色とりどりの野菜が美しくて、この日一番の感動にゃ!

 

撮影/Churako

美しさにうっとり。

人参ムースはまろやかで甘く、スプーンですくい切れない部分はゴムベラがあったらなと思うのでした(笑)

スープ

撮影/Churako

本日は田芋(たいも)のポタージュ。

田芋は沖縄で取れるお芋で、お餅などに使われることが多いです。

撮影/Churako

もったりとして粘り気があるところはサトイモみたいなのですが、土臭さはまったくありません。

たらされたオリーブオイルの風味がちょうど良いアクセントになっています。

メイン魚料理

撮影/Churako

ちゅらこ
メイン料理はシチューマチのポワレ、スパイス風味のソースにゃ
ベル
シチューマチとは沖縄の言葉で”アオダイ”のことを差すにゃんよ

撮影/Churako

薄くスライスされた島にんじんのほか、クワンソウやうりずん豆など、沖縄由来のものがたくさん詰まった一皿でした。

たしかにスパイス風味ですが、ピリッと来ることはなく、まろやかな感じ。

ちゅらこ
全体的に塩分が少ない感じなのだけど物足りなさがないにゃ
ベル
素材の味を活かしているんにゃね~

パン

撮影/Churako

自家製のパン。

黒ゴマと黒糖でした。フワフワで温かくてそのまま食べても美味。

ハード系でないのが意外でしたが、こちらも大満足!

 

デザート

撮影/Churako

デザートは栗のパンナコッタと、黒ビールと黒糖のアイス!

食材に対する挑戦が素晴らしい。

撮影/Churako

ちゅらこ
栗のパンナコッタは、本当に栗をたくさん使っていて、栗本来の甘みが感じられる逸品にゃ
ベル
黒ビールと黒糖のアイスは、本当に黒ビール味!だけど、黒糖の甘さが意外とマッチしていて、食材の組み合わせの妙を感じたにゃんよ~

食後の飲み物

撮影/Churako

バタフライピーとレモングラスのハーブティ。

砂時計で抽出までの時間しばし待ちます。

ちゅらこ
バタフライピーは、タイをはじめとしたアジアで広く生産されている、最近人気のハーブティにゃ
ベル
日本では”蝶豆”とも言われ、”名探偵コナン”にも出てきたことがあるんにゃよ。なんとブルーベリーの4倍ものアントシアニンを含むと言われているにゃ

最近沖縄ではバタフライピーの栽培がおこなわれるようになり、道の駅などでも見かけることがあります。

撮影/Churako

 

鮮やかなブルーは、アンチエイジング効果も高い、抗酸化物質の”アントシアニン”

こちらにレモンを入れると……

撮影/Churako

レモン汁の酸に反応して紫に。色の違いも楽しめます。

アントシアニンは目に良いので、私のような目を酷使する人にはピッタリ。

ですが、子宮収縮作用があるので、生理中や妊娠中の女性は避けた方が良いそうです。

小菓子(プティフール)

撮影/Churako

最後にそっとプティフールのクッキーとパウンドケーキを。

ちゅらこ
今回も美味しかったね!
ベル
記念日にもピッタリだにゃ。ぜひ事前に電話予約していくことをおすすめしたいにゃ!
隠れ家レストランPetit Etoile(プティエトワール)
住所:〒901-2226 沖縄県宜野湾市嘉数1丁目16−11
Mapcode: 33 313 791*77
営業時間:(ランチ)11:30〜15:00(L.O.13:30) (ディナー)18:00〜22:00(L.O.21:00)
定休日:日曜日・月曜日・その他不定休(臨時休業のお知らせはFacebookから確認できます)
電話番号098-914-3030