肉や食堂inへんざ
住所:〒904-2426 沖縄県うるま市与那城平安座252
Mapcode:499 609 588*58
営業時間:11:00~16:00(ラストオーダー15:30)/ 17:00~21:00(ラストオーダー20:30)
定休日:木曜日(臨時休業や営業時間のお知らせはFACEBOOKから確認できます)
WEBサイトhttps://nikuya-shokudo-henza.com/
電話番号090-8823-7130
※予約不可。事前連絡にて「優先案内」のみ
ちゅらこ
今回は、うるま市の平安座島(へんざじま)にある「肉や食堂inへんざ」を紹介するにゃ
ベル
うるま市の海中道路を渡った先の平安座島の集落内にある一軒家で、A4・A5級の牛肉メニューが待っているにゃ~

肉や食堂inへんざ 外観と内装

うるま市海中道路から平安座島・浜比嘉島を望む 撮影/Churako

平安座島(へんざじま)は、うるま市海中道路で本島とつながった離島。

平安座島はその隣の浜比嘉島(はまひがじま)、そして宮城島(みやぎじま)と伊計島(いけいじま)を繋ぐ島でもあります。

肉や食堂inへんざ1 撮影/Churako

そんな平安座島の集落にある一軒家レストランが「肉や食堂inへんざ」。

大阪の門真市にあった「肉のまん乃」から移転して、平安座島にお店を構えました。

肉や食堂inへんざ2 撮影/Churako

屋外のテラス席は喫煙席がありますが、室内は禁煙です。

 

肉や食堂inへんざ3 撮影/Churako

可愛い室内。テーブル席のほかに、

肉や食堂inへんざ4 撮影/Churako

お座敷席もあります。

肉や食堂inへんざ メニュー

 

撮影/Churako

肉や食堂inへんざのメニュー。

全部お肉メニューなので、肉好きな人にはたまらない内容~!「おまかせステーキ」は、その時の入荷状況で提供のお肉が変わるのがポイント。

牛肉については特上のA4/A5ランクのブランド肉しか出さない!というポリシーで運営をしています。

一見メニューの金額が高く見えるかもしれませんが、こんな高級牛をこのお値段でいただけるところはまずないくらいリーズナブルなのです。

だから200g 3000円の「満足」~1000g 20000円の「皇帝」まで「原価は大丈夫なのだろうか」と心配してしまうレベル……

撮影/Churako

あれこれ食べたい方には「極上セット」がおすすめ!

部位もロース、サーロイン、ミズジ、イチボなどから選べ、その時々で入荷した希少部位が加わることも!

2品以上から組み合わせが可能です。牛カツには薄切り肉を重ね合わせたミルフィーユカツも登場しました。

 

撮影/Churako

もう少しお手軽に楽しみたい方には、サイコロステーキや焼き肉、ローストビーフ丼やハンバーグといったメニューも。

豚カツもあるので牛肉が苦手な方や、牛カツ+豚カツといった組み合わせもできますよ~

撮影/Churako

ドリンクはこちら。アルコールはオリオンのほか、泡盛もありますよ。

ここまで来るのは車の方がほとんどなので、ノンアルビールも。

その時のおすすめ!はこんな感じで手書きメニューになっています。

 

 

撮影/Churako

最近人気の「赤身」を提供するステーキランチも登場しました!

A4・A5ランクのブランド牛をその時に美味しい産地から取り寄せているので、日々どんなブランド牛を味わえるかは変わります。

肉や食堂inへんざで贅沢な特上お肉ランチ!

肉や食堂inへんざ9 撮影/Churako

まずはノンアルドリンクで乾杯☆ グラスがオリオンビールなのが沖縄ぽいですよね。

極上セット① A5ステーキ2種+赤身牛カツ!

 

撮影/Churako

 

いろいろ食べたい方におすすめなのが、2種類以上のメニューを組み合わせできる「極上セット」

この日は佐賀牛が入荷したということで、佐賀牛の赤身牛カツ&ミスジステーキ、そして山形牛のロースも盛り合わせしてもらいました!なんて贅沢!

 

撮影/Churako

こうなるともう、浜比嘉島の塩と、カンボジアのキングペッパー(胡椒)だけで肉の風味を味わうのが一番美味しい食べ方だという結論に。

せっかくのお肉のうまみをしっかりと感じたいですね。

 
 

撮影/Churako

ディナータイムの特権として、レアで持ってきてもらって目の前で焼き温めて食べるという楽しみも!

 

撮影/Churako

赤身カツの炙りは、ガーリックバターのほかに、お醤油もあります。もちろん何もつけないで食べても美味しいです。

赤身カツもA5ランクの牛肉なんです。この日は佐賀牛のA5ランクでしたよ!!

 

撮影/Churako

目の前でバーナーで焙ってもらって……

そのまま・ガーリックバター・醤油と3種類の味が楽しめます!

 

撮影/Churako

最後までいろいろな味を楽しみながら美味しくいただけました~!

極上セット② A5ステーキ+牛ミルフィーユカツ+豚バラミルフィーユカツ(+チーズ)!

撮影/Churako

この時は、仙台牛A5ランク!
希少部位のランプ(サーロインに続く腰の部分の、最もきめが細かく柔らかい赤身)の中でも適度にサシが入る、さらに希少な「ラムシン」が入荷しているという事で、そちらをステーキに。

そして最近メニューに加わったミルフィーユカツを牛と豚それぞれセットしてみました。この日の牛カツは宮崎牛、豚は鹿児島県産の上豚を使用。

撮影/Churako

まずは、A5仙台牛のラムシン!

当たり前ですが柔らかくて、噛みしめるとお肉の旨みがじゅわ~!

アナンダマイド(アナンダミドとも。牛肉や豚肉の脂肪に含まれるアラキドン酸が脳内で変化して幸福感をもたらす物質)が出まくります!

撮影/Churako

宮崎牛のミルフィーユカツ!衣の揚げ具合も完璧でサクサクの歯ごたえ!

ここのお料理、ソースも付いてるのですが、肉の風味を味わいたいので基本的に塩コショウだけでもOKな感じです。

撮影/Churako

豚バラミルフィーユWITHチーズ!これも美味しい。

肉質が柔らかくて、噛みきれないとか一切ない質の高さ。牛肉と豚肉を交互に食べていたらずっと食べられそうな気になります。

ソース不要!肉の旨みがぎゅっと濃縮されたハンバーグ!!

肉や食堂inへんざ10 撮影/Churako

こちらは、A4・A5の牛肉を使って作ったハンバーグ!

お肉にはこのようにご飯と汁物がついているのですが、ご飯も実はブランド米を独自にブレンドし、さらに、食べごろに炊き立てになるように、1日に何度も炊飯しているという手間のかけよう。お米の粒がちゃんと感じられる食感と、ほのかな甘みは極上のお肉にふさわしい味わい。

また、汁物のかき玉は、地元うるま市の養鶏場で採れる「くがにたまご」を使用。お肉に目が吸い寄せられがちですが、実はご飯と汁物も美味しいのですよ。

肉や食堂inへんざ11 撮影/Churako

このハンバーグ、見た感じ普通に見えるのですが……

 

肉や食堂inへんざ12 撮影/Churako

お肉ぎっしりで、ソースなどなくてもそのままで肉の旨みを感じられるおいしさ!

切った時に肉汁が出ないのですが、その分肉の中に旨みが封じ込められています。

口の中で噛むことによって、ジューシーな美味しさを味わえるようになっているんですね~!

これは倍のサイズが欲しい……!

肉や食堂inへんざ13 撮影/Churako

そのままでも、ソースをかけても、両方美味しくいただける、特上のハンバーグですよ!

絶対食べたい!名物の赤身牛カツはガーリックバターをバーナーで炙って

肉や食堂inへんざ14 撮影/Churako

名物ともいえる一品は、季節によって変わる2種のたれと浜比嘉島の塩をつけて食べる、「特上赤身牛カツ」!

肉や食堂inへんざ15 撮影/Churako

お好みでガーリックバターを塗って……

 

肉や食堂inへんざ16 撮影/Churako

バーナーで炙る!

ガーリックバターが焦げる香ばしい香りがたまりません……!

肉や食堂inへんざ17 撮影/Churako

今回は半々でいただきました。そのままでも柔らかくて美味しくいただけますよ~!

肉や食堂inへんざ18 撮影/Churako

そのままのカツに、浜比嘉島の塩と胡椒だけを振って食べるのも美味しい~!

隣にある浜比嘉島の塩は、天然の海をくみ上げて濃縮して窯で炒った後ににがりを捨てているので、とってもまろやかで甘い塩なんです。

塩作り体験もできますのでおすすめ。

塩づくり体験は、以下の2記事でも書いていますので、ぜひご覧くださいね!

 

 

 

ちゅらこ
今回も美味しかったにゃ~
ベル
魅力的なメニューがたくさんあるので、複数人で行ってシェアするとより楽しみが広がるにゃ~!うるま市の離島観光のご飯どころはここで決まり!

肉や食堂inへんざ
住所:〒904-2426 沖縄県うるま市与那城平安座252
Mapcode:499 609 588*58
営業時間:11:00~16:00(ラストオーダー15:30)/ 17:00~21:00(ラストオーダー20:30)
定休日:木曜日(臨時休業や営業時間のお知らせはFACEBOOKから確認できます)
WEBサイトhttps://nikuya-shokudo-henza.com/
電話番号090-8823-7130
※予約不可。事前連絡にて「優先案内」のみ

 




1 個のコメント