純喫茶MOTHER COFFEE(じゅんきっさマザーコーヒー)
住所:〒901-2317 沖縄県中頭郡北中城村瑞慶覧字瑞慶覧588
営業時間:7:00~17:00
定休日:木曜日 臨時休業などのお知らせはFACEBOOKで確認できます。
電話番号:098-923-3723
ちゅらこ
今回は北中城村にある”MOTHER COFFEE(マザーコーヒー)”を紹介するよ
ベル
オーブンで焼き上げるドイツ風のパンケーキ”ダッチベイビー”が名物の人気カフェなんにゃ~

”MOTHER COFFEE”とは

撮影/Churako

北中城村(きたなかぐすくそん)の外人住宅を使用したこちらのカフェが、”MOTHER COFFFEE”(マザーコーヒー)です。

ちゅらこ
この日は平日ランチだったのに満車だったにゃ。人気がうかがえるにゃ。
ベル
みんな車で来るので、近くの人は乗り合わせしていった方がいいかもにゃ~

撮影/Churako

ちゅらこ
外観からもうかがえましたが、内装も素敵にゃ。
ベル
外人住宅の白壁を活かしてワイナリーの建物みたいに仕上げられているにゃ~

ダッチベイビーとは?

ダッチベイビーはドイツ風パンケーキと書きましたが、DutchもBabyも英語ですよね。

その名前はどこから来たのでしょうか?

ちゅらこ
実は、「ダッチベイビー」とはアメリカのパンケーキ店が考案した名前で、もともとのドイツ風のパンケーキをミニサイズにして赤ちゃんから食べられるようにしたためにつけたのにゃ。

ダッチ(オランダ)は、ドイツよりも隣のオランダのほうが面積が小さいことから、名前に取り入れたらしいにゃ。

ベル

通常のパンケーキよりも卵を多く使用し、オーブンで焼き上げるため表面はサクサク、中はふわふわとしたシュークリームの皮のような味わいが楽しめるのが特徴で、

パンケーキといいつつも、分類上は卵が多いためプディング(プリン)に該当するのにゃ~

”MOTHER COFFEE”メニュー

撮影/Churako

さて、こちらがマザーコーヒーのメニュー。

実際のダッチベイビーの形に切り取られたメニューで、可愛くかつ分かりやすい!

このアイディアすごい!

撮影/Churako

左側がデザート系のメニュー

・プレーン

・チョコバナナ

・アップルキャラメル

・ベリー 

 

撮影/Churako

右側がご飯系のメニュー

・ベーコン

・あまからてりやき

・ソーセージ

・マカロニグラタン 

 

それぞれ4種類。お昼時はだれかと連れ立ってシェアするのがおすすめです。

”ダッチベイビー”を食す

撮影/Churako

まずやってきたのは、ご飯ものの”あまからてりやき”

メニューの写真通り、具もたっぷりです!

撮影/Churako

ダッチベイビーはシュー皮みたいと聞いていましたが、意外に切りやすくてびっくり。上の具材の水分や油分を吸うからかな?

また、甘いものというイメージがあったのですが、ダッチベイビー自体はそんなに甘くないので、こうしたご飯ものもあうのですね!

甘辛の照り焼きチキンは柔らかくて、優しい味付け。2人だとあっという間に完食。

撮影/Churako

さて、つぎはデザート用に頼んだアップルアンドキャラメル。

ダッチベイビーの上に、甘く煮たリンゴ、クリーム、バニラアイス、そしてシナモン。

アップルパイ好きな人にはたまりません。

別添でシロップとレモンがあって、お好みでかけるようになっています。

撮影/Churako

これは、カットしたらアイスとカラメルソースが混ざってしまい、ビジュアル的に美しくなくなってしまったのでこちらのアップで。

こちらの方は想像していたダッチベイビーの味でした!

トッピングでいろいろな味を楽しめるようになっているのですね~

撮影/Churako

さらに、”MOTHER COFFEE”さんの素敵なところはコーヒー豆にもこだわっているところ。

2017年に、コーヒーの焙煎技術を競うJCRC(ジャパンコーヒーロースティングチャンピオンシップ)にて見事優勝した”豆ポレポレ”さんの豆のオリジナルブレンドを使っています。

ちゅらこ
”豆ポレポレ”さんにの豆は本当に美味しいにゃ~
ベル
こちらのブログ記事も読んでほしいにゃ~

ダッチベイビーも食後のコーヒーも大満足のランチなのでした~

撮影/Churako

ちゅらこ
今日も美味しかったにゃ~
ベル

ちなみに”MOTHER COFFEE”では定休日の木曜日以外、モーニングもやっているので、

次はモーニングプレートを食べに来たいにゃね~

”MOTHER COFFEE”情報と地図

HP

FACEBOOK

食べログ

Googleマップ