タマグスクパーラー
住所:〒901-0619 沖縄県南城市屋嘉部190 大祐マンション107
Mapcode: 232 527 319*63
営業時間:(ランチ)11:00~15:00(ディナー)18:00~21:30
定休日:なし(臨時休業や営業時間のお知らせはFACEBOOKから確認できます)
WEBサイトhttps://www.facebook.com/tamagusuku.palour/
電話番号098-914-1210

 

ちゅらこ
今回は、南城市にある「タマグスクパーラー」を紹介するにゃ
ベル
与那原の「ワインバルaraji」の姉妹店で、見晴らしのよい高台から眺める海の見える景色と、手の込んだハンバーガーなどのメニューが魅力のお店にゃ!
 

 

タマグスクパーラー 外観と内装

撮影/Churako

南城市の玉城(たまぐすく)の高台にある「タマグスクパーラー」。駐車場は正面と裏手にあります。

撮影/Churako

カウンター席と靴を脱いで上がるお座敷席。小さいお子様ものびのびくつろげる感じです。窓の向こうにはご覧の通り海が広がる絶景。晴れた日が特におすすめです。

お冷はセルフサービスで。


タマグスクパーラー メニュー

撮影/Churako

このあたりのカフェには珍しく、ディナータイムも営業しているので、メニューがたくさんあるのがタマグスクパーラーの魅力。

主力はハンバーガー、サンドウィッチ、パスタです。

撮影/Churako

他にも若鳥のから揚げ定食があったりと、バラエティ豊か。お子様ランチも気になりますね。

ドリンクセットは300円。ランチタイムのビールは350円と破格です。

撮影/Churako

ディナータイムはアラカルト。ワインバルの姉妹店なだけあって、ワインをあわせたいようなメニューが並びます。

撮影/Churako

昼にはないピッツアも登場。どれも美味しそうですね。

撮影/Churako

おつまみ的なメニューも。お値段もお手頃なので、一品足したい時に。

撮影/編集部

アルコールメニューは、オリオンビールやハイボールのほか、泡盛もあり、カクテルの種類が多めです。

撮影/Churako

飲み放題付きコースもあるので、4名以上の場合は予約して訪ねてみるのも良さそう。沖縄のお店では、帰りは代行もしくはタクシーを呼んでくれるので、車で来ても安心ですよ。

タマグスクパーラーでボリューミーなバーガーランチ&パスタランチ

撮影/Churako

まずはメインメニューともいえるハンバーガーを食べないとね…と、オーダーしたらかなりのボリュームのハンバーガーが!

撮影/Churako

肉の厚みがすごい。つなぎは?と聞きたくなるような、かなりの肉肉しさのあるハンバーグで、ミンチのパテは150gあるので、肉好きの方は満足すること必至です。

野菜は地域の農家にて無農薬で育てた野菜を使い、お子様でも安心して食べられるようになっています。

バンズは与那原で人気の「まつどべーかりぃ」産のものを使用。こちらのバンズもモチモチとした食感で食べごたえがあり、ぜひお腹を空かせてから食べたいハンバーガーに仕上がっています。

 

撮影/Churako

ついハンバーガーで満足してしまいがちですが、実は他の洋食メニューもおすすめ。こんな風に前菜的なサラダと、ポタージュ、パンが付いてきます。スープも旬の野菜を使ったもので、その時によって変わりますよ。

撮影/Churako

この時は海老とトマトのクリームパスタ。鷹の爪がたくさん載っているのは、辛いのが好きな私のリクエストです。

 本格洋食の味付けで、満足できることうけあいです。幅広い年齢層で楽しめるお店ですよ。

ちゅらこ
今回も美味しかったにゃ~
ベル
奥武島から車で5~10分程度なので、観光の帰りにもおすすめのお店にゃ!

 

 
タマグスクパーラー
住所:〒901-0619 沖縄県南城市屋嘉部190 大祐マンション107
Mapcode: 232 527 319*63
営業時間:(ランチ)11:00~15:00(ディナー)18:00~21:30
定休日:なし(臨時休業や営業時間のお知らせはFACEBOOKから確認できます)
WEBサイトhttps://www.facebook.com/tamagusuku.palour/
電話番号098-914-1210