モジャのパン屋
住所:〒906-0007 沖縄県宮古島市平良字東仲宗根20番地
Mapcode:310 483 448*55
営業時間:11:00ごろ~売り切れまで(15時頃最終焼きあがり)
定休日:日曜日・月曜日(臨時休業や営業時間のお知らせはFACEBOOKから確認できます)
WEBサイトhttps://www.facebook.com/mojyapan/
電話番号:非公開
ちゅらこ
今回は、宮古島の市街地からすぐの可愛いベーカリー「モジャのパン屋」を紹介するにゃ
ベル
地元でも元から人気のお店。確実に手に入れるには早めに行って並ぶのがポイントにゃ~

モジャのパン屋の外観

モジャのパン屋1 撮影/Churako

宮古島の繁華街、西里地区からすぐ。県道83号線ぞいにあるのが、こちらの「モジャのパン屋」です。

白い壁とペパーミントの窓枠の組み合わせがなんともキュート。

お店の駐車場はありませんので、近くの駐車場に停めて歩いてくる感じですね。この時は西里地区のホテルに泊まっていたので、そこから歩きました。

モジャのパン屋2 撮影/Churako

Facebookページには11:00頃開店とありましたが、この日は早めに行ってみると10:00オープンの文字が。

その日のコンディションや、パンの焼け具合によって時間が前後するみたいです。早めに行って正解でした。

パンは窓口で買うシステムになっていて、中に入ることはできません。

外に設けられたテーブルに座ってちょっと一息つくこともできますが、陽の光がサンサンとあたるので、ちょっと厳しいかもしれませんね~

モジャのパン屋 メニュー

モジャのパン屋3 撮影/Churako

影が入ってしまっていますが……

モジャのパン屋では、パンを種類ごとに順番に焼き上げていきます。

そのため、訪問時間によってはお目当てのパンがないことも。

取り置きや予約はできないので、欲しいパンが出来上がるころに並ぶ感じですね。

モジャのパン屋4 撮影/Churako

そして、パンのおともに自家焙煎コーヒーも。

豆ごとに焙煎度合いを変えて、その場で1杯ずつドリップしてくれますよ。

モジャのパン屋5 撮影/Churako

オリジナルのグッズも可愛い~

ところで、「どうしてモジャなんですか?」とお聞きすると

店主が天パだから」というお答えが……確かに~!私も天パなので深く共感。

モジャのパン屋でパンとコーヒー 食べてみた

 

モジャのパン屋6 撮影/Churako

無事にパンとコーヒーを買うことができました。

テイクアウト用の袋も、コーヒーカップのスリーブ(巻いてるやつをそういうそうです←調べた)も手作り感満載で可愛い~!

パンが熱々なので、袋の口が空いています。

モジャのパン屋7 撮影/Churako

この時、ちょうど「ぶどうぱん」が焼けたので、いただきました。

形が全部まるっとして可愛い手のひらサイズなのですが、その生地はしっかりと詰まっていて、ずっしり。1つでもかなりの満足感。

シナモンとレーズンの風味が楽しめました~。

2個買って食べ切れなかったので、帰りのフライト前だったこともあり、家に帰ってから残りをいただきました。

少し置いた後でも温めて美味しくいただけましたよ~

(とはいえ、これからの季節はあまりおすすめできませんが……)

ちゅらこ
今回も美味しかったにゃ~
ベル
次はあんぱんが食べてみたいにゃね~!

モジャのパン屋
住所:〒906-0007 沖縄県宮古島市平良字東仲宗根20番地
Mapcode:310 483 448*55
営業時間:11:00ごろ~売り切れまで(15時頃最終焼きあがり)
定休日:日曜日・月曜日(臨時休業や営業時間のお知らせはFACEBOOKから確認できます)
WEBサイトhttps://www.facebook.com/mojyapan/
電話番号:非公開